homeri落語模様、無事終演いたしました。



 お寒い中をご来場誠にありがとうございました。







 春の噺と新作の「鼻」でした。


 鼻の原作はロシアの作家のゴーゴリさんです。


 マスターの文芸作品を落語にしてみるのどうっすかね??という一言がきっかけでやってみました。(マスターは完全に忘れていましたが!)やはりどうしても表現が難しく全然ストーリーは違うものになったのですが意外と喜んでいただけたようで一安心😅


 あたま山とかもそうですけど未来に誰かがみつけてやってくれるかもしれません。


 と言いますか、まず墓の中のゴーゴリさんも日本の落語家が落語にしたと言ったら驚きますよね。奇妙な噺です。


 今回は10分ぐらいでしたが、もっと奇妙なちゃんと原作の展開に沿うやり方もやってみたいなとおもいました。多分30分以上になりますが。ただ主人公が変わる、いなくなるというのは天神山とか臆病源兵衛みたいである種の落語っぽさがあるんですよね。



 次回は4月20日です!



 次回かその先かは未定ですが、久しぶりに中国漫遊記を思い出して、鉄拐もやって、支那の野ざらしだとか中国古典の落語化をするもろこし特集の回をやりたいなと思っています。💪



 普段の私の高座とは違う、homeriさんでしかできない、他ではやらない会として今年はさらに狭く特化していきたいと思います!



 マスターと全部面白がってくださるhomeriの皆さんのおかげです!😄




 さて、今日は池袋演芸場!扇蔵兄さんがトリです。


 下席は入場料もお得です!


 ご来場お待ちしております😄